従業員100名以下の中小企業向けIT業務のアウトソーシング!月々28,000円~

ご相談・ご質問など、何でもお気軽にお問合せください

  • 東京 03-6421-6251
  • 大阪 06-6221-0620

MENU

独り言ブログ あんな事こんな事を深夜のオフィスから発信中!

2013年2月号

vol. 071

ベテラン社員は水のありかを知っている

~ベテラン社員とは成長を止めた社員である。そんな社員など必要なのだろうか?~

長く勤め、能力アップを自然増加だけに頼り、
自らの成長を止めてしまった社員のことを「ベテラン社員」と言う。
はたして企業にそんな「ベテラン社員」など必要なのだろうか?

若い頃はよく勉強もした。
一日でも早く仕事を覚えるため、休む間も惜しんで勉強してきた。
みるみる能力はアップし、
やがて給料に見合う仕事をこなし始める。
これが能力アップの「加速度」だ。

だがやがて、目の前の仕事をこなせる能力を備えたら、
向上心は失せ、日々に埋没し、要領を得て、勉強しなくなる。
努力せずとも、日々の仕事はこなせていくのだ。
ただ、毎日、毎日、経験だけが積み上がっていく。
能力には「体が覚えた経験」だけが加算されていく。
これを能力アップの「自然増加」と言う。

ベテラン社員はいつしか「変化」を望まなくなる。
日々の繰り返しを「是」とし、抗わないのだ。
日常に何の「疑問」も抱かなくなる。
同じような「経験」だけをコンコンと積んでいくだけだ。

私は常々こう言ってきた。
「企業人はベテラン社員などと言われたら終わりだ」と。
こんな厳しい世の中に、
成長を止めたヤツに「身を置く場所」などありはしない。
100%そう思っていた。

あなたの周りにもワンサカいるはずだ。
20年間、同じ仕事をしているヤツは皆、ベテラン社員である。
私はそんな「ベテラン社員」をバカにした。
毛嫌いもした。
だが、私の価値観を転覆させる事件が起こるのである。
ベテラン社員が「窮地」を救っていく場面に出くわすのだ。

ユーザークレームを受け付けるコールセンターの改革を引き受けた。
長年勤めた「正社員の女性チーム」を解体し、
伸縮自在で、人件費の安い「派遣の女性チーム」を組織した。
経験豊かな「正社員チーム」の作ったマニュアルは完璧だ。
誰も「派遣チーム」に不安など抱いてはいなかった。

だが新しい「派遣チーム」は大炎上となった。
いつまで経っても、クレームが沈静化しないのだ。
火は静まるどころか、あっちこちで次々に火の手を上げていく。
マニュアルを凝視するがどこにも落ち度はない。
「派遣チーム」は必死に取り組んでいる。
理由が分からない。
ついに極まった。

解体した「正社員の女性チーム」を再結成することとなった。
すると、ピタリとクレームが止んだ。
ピタリである。
やはりマニュアル通りに女性達は動いている。
なぜだ?
理由は分からなかった。

実は、こういった事例は枚挙にいとまがない。
実に多くの同様のシーンを見てきた。
そして、それらの多くのシーンに共通していたのは、
「なぜベテラン連中がその窮地を救えたかの理由が分からない」
ということなのだ。
ベテラン社員は「いつも通りです」と言うだけだ。

そう。驚くべきことに、
ベテラン社員は「非日常」を「日常」に化学変化させる能力を
持っているのである。
これは発見だった。
「日常」とは「平穏な状態」と言い換えてもいいだろう。

ベテラン社員は、
どうやら長く生き永らえる「術」を知らず知らずに体得しているのだ。
進化論が、種を残すため、自らの身体を、無意識の下で、
長い長い歳月をかけて「環境順応」させることだとすれば、
なんと、なんと、
ベテラン社員は「進化」を手にしていたのである。

私は「若い人しかいない会社は潰れる」と信じ始めた。
生き永らえる「術」を持たない会社は、
必ず出くわす「窮地」に耐え切れず、最後は潰れる。
そう思うようになった。
そうなのだ。
ベテラン社員は、どうやら「水」のありかを知っているのだ。

「加速度」をふんだんに持つ若い社員を100名。
そしてそこに「ベテラン社員」を数名混ぜておく。
これで「潰れない会社」が出来上がる。

ただし、ベテラン社員は一朝には育たない。
単に歳を食ってる社員が「ベテラン社員」ではない。
ベテラン社員の養成には、
同じ場所で、同じ仕事に、数年をかけなければならないからだ。
これだけが悩ましい。

さて、もしあなたが今、
長く存続する、たおやかでタフな組織を作るなら、
「ベテラン社員」を少量だけ混ぜてみて欲しい。
「ベテラン社員」を全員、放り出してはなりません。
だって、信じられないことだが、
「ベテラン社員」は、水のありかを知っているのだ。

一覧へ戻る
 社長 谷洋の独り言ブログ